我々が選ばれる理由

トップ > 我々が選ばれる理由
こうしたご担当者様のご希望やお悩みはありませんか?

社員が集まる場を有効活用したい

研修ほどまとまった予算や時間はとれないが、1~2時間は取れる。人が集まる場を利用して時間を有効活用したいが良い企画は無い。

場にふさわしい適切なテーマがない

社内で研修等行っているが、その場にふさわしいテーマがないため、マンネリ化している。

場の目的と講演者とのアンマッチが起こっている

有名人や文化人を呼んだ講演会を実施したことはあるが、会社の掲げているテーマと接続していない。そもそも当日まで何をどうしゃべるかわからず不安。

講演を実施したいが業務に活かしづらい

社員一人一人ビジネスにつながる何かしらの気付きを持ち帰らせたい。

社員の集まる“場”を有効活用するリンクイベントプロデュースが行う講演の3つの特徴 講演を実施しても、会社の戦略やビジネスとの接続がされていないと業務に結びつく、気付きやきっかけは生まれません。
 講演内容:ビジネスに直結する普遍的なテーマをラインナップ 講演者:ビジネスに精通したスペシャリスト 講演スタイル:社員が集まる様々な場に対してフレキシブルに対応 / 会社が掲げるテーマ・事業課題 ・ 組織課題との接続が可能 弊社では講演内容を“ビジネス”に特化することで、ワーク・パフォーマンスを上げるための気付きやきっかけを生み出します。
1. ワーク・パフォーマンスにつながる普遍的なテーマ

組織が成長する為には【 個々人のスキル向上 】【 組織・チームの相互作用 】の両方が求められます。

その為に必要な仕事に対する能力や成果をワーク・パフォーマンスと定義しています。

個々人が ” 仕事に対する能力が低い ” または ” 成果が出ない ” となれば組織の成長は見込めません。

同時に、組織・チームの相互作用が無ければ、個人の成長を活かせません。

弊社ではワーク・パフォーマンスを上げる気付きやきっかけを与えるためにビジネスに 活用できる8つの普遍的なテーマで講演を実施します。

我々が選ばれる理由(1):レベルの違う様々な聴講者に対し、ビジネスシーンにおいて必須かつ普遍的なテーマをお届けします。
2. ビジネスに精通したスペシャリスト

有名人や著名人などを多く集めた講演・セミナーサイトとは違い、弊社の特徴である ” 人と組織の課題に精通した各領域のプロフェッショナル ” を講演者としてワーク・パフォーマンスにつながる高いクオリティの講演を実施しています。

リンクアンドモチベーショングループ各領域のプロフェッショナル
リンクアンドモチベーションの研修講師

組織人事領域のコンサルティング会社。人材採用、人材開発、組織制度、組織風土の領域で企業変革を支援する。

テーマ:モチベーションコントロールマネジメントリーダーシップ

  【 対上級管理職 】 研修内容例
  • 上級管理職リーダシップ開発

社内・外のコミュニケーションをクリエイティブに支援する。

テーマ:コミュニケーション

  【 対管理職 】 研修内容例
  • タイプ別コミュニケーションスキル向上
  • 本質的指導力向上
  • ミドルマネジメント役割理解

社内イベントで組織の変革を起こす。

テーマ:チームビルディングホスピタリティ

  【 対若手~中堅社員 】 研修内容例
  • 自立・協働スタンス開発
  • キャリアデザイン
  • リーダシップ開発

企業のグローバル人材育成を支援する。

テーマ:グローバル

  【 対新入社員 】 研修内容例
  • ビジネススタンス開発
  • マナー習得

大学生への教育コンテンツの提供と教育支援。

テーマ:キャリア

  【 ポータブルスキル強化 】 研修内容例
  • セルフモチベーションコントロールスキル向上
  • 説得力向上
  • 思考技術向上
企業でのマネジメント経験が豊富/特定のビジネステーマに精通している/大手からベンチャーまで企業研修実績多数

組織や個人が抱える数多くの課題を見てきたからこそ、 リアルに語ることができます

今月のピックアップスピーカー

  • 羽田 徹

    話し方コンサルタント

  • 菅原 美千子

  • 田中 和彦

我々が選ばれる理由(2):数多くの“事業課題”や“組織課題”を見てきた講演者だからこそ、主催者側・参加者側への納得感が生まれます。
3. 気付きを引き出す独自の講演スタイル

従来の講演は、一方的に講演者目線で話すことが多く、聴講者が聴く姿勢になっていない場面が多く見受けられます。それは、聴講者の目線に立った講演の仕立てになっていないのが原因です。その為、受け手の興味や捉え方によって講演から得られる気づきに大きな差が生まれるのです。弊社の講演は相手の気付きをより深いものにするために、以下のようなプロセスをもって講演の流れを設計しています。

講演のメカニズム

【 態度変容プロセス 】

当社の講演では、心理学における「解凍(Unfreeze)」→「変化(Change)」→「再凍結(Refreeze)」という「態度変容プロセス」に基づいて講演の流れを設計しています。

講演構成例

講演テーマ:「企業のポテンシャルを最大限に高める“リーダーの育て方”」の事例

講演構成例

主催者の意図や目的との接続

1. メインコンテンツとの接続
2. 会社の理念戦略や目的との接続

講演前後のメインテーマ・コンテンツとの接続感を重要視しています。会社の理念・戦略、組織が目指す姿や目的など主催者の意図を汲んだ適切なコーディネートを専門スタッフが行います。

3. 講演内容の視える化

主催者側として、 “当日にならないと、講演内容が分からない”といったように講演内容を“ブラックボックス”にせず、事前に講演概要書として主催者側にご提案致します。

4. 講演内容の編集
講演概要書例、「タイムテーブル」と「講演の進め方」イメージ
” 講演者を決めて終わり ” ではなく、講演当日までに実施する主催者側との打ち合わせにより、参加者に伝えたいメッセージや理念、言葉などを揃えることで、伝わりやすい内容へと編集をします。(図:講演概要書例、「タイムテーブル」と「講演の進め方」イメージ)
我々が選ばれる理由(3):組織が目指す姿など目的との接続や主催者の意図を汲んだ適切な講演を実施します。
講演実施前~講演実施後までの流れ

講演目的のヒアリングから運営・報告までの流れ。

1.ヒアリング・提案:講演実施の目的、時期、参加対象者、人数、実施場所など、講演実施に必要な内容を確認させていただきます。さらに企業理念や組織戦略など会社が掲げるテーマと講演目的との接続を考え、講演内容をご提案致します。 2.当日まで:弊社担当者から講演内容を講演概要書としてご提出致します。 3. 当日:講演者がご担当者と内容を再確認し、参加者特性を踏まえて、講演を実施致します。 4. 講演実施後:聴講者のアンケート実施による講演効果の検証を実施致します。(希望の方のオプションとなります)
費用概算

弊社ではスピーカーのキャリア(経歴、学歴、職歴)、ネーム(知名度、メディア露出度)、スキル(専門性、スピーカースキル)によって金額が変わります。

講師クラス

スピーカー(20万円~):講演講師としての魅力がある。講演と紐づくキャリアが豊富。専門分野に精通している。 シニアスピーカー(30万円~):スピーカー+αキャリアの希少性がある。講演経験が豊富。出版経験がある。メディア等の露出経験あり。 エグゼクティブスピーカー(40万円~):シニアスピーカー+α複数の商業出版経験がある。ネームバリューが高い。 プレミアムスピーカー(応相談):エグゼクティブスピーカー+α社会に影響力がある。
  • 1講演:60~90分
  • スピーカーと直接のお打ち合わせが必要な場合は1時間5万円の費用を頂きます。

※ご参考 他社金額例
クラス:有名人・文化人 講演時間・金額:60分~180分/50万円~200万円(1講演)

▲ ページトップ